この度、 カート・サーモンはコンサルティングマガジンによる2012年版「最も働きがいのあるファーム(Best Firms to Work For)」の一社として選出されました。これは、当社が業務の質および企業文化の両面で、長年にわたり高い水準を維持してきた結果です。

カー ト・サーモンは第10位にランクされ、とりわけ「クライアントエンゲージメント」部門で高いスコアを獲得しました。世界中のあらゆる顧客企業に対して大き な結果をもたらすために決して妥協しないという当社の徹底したコミットメントが、改めて認められたものといえるでしょう。

当社の副CEO ジョン・カローニスは次のように述べています。「『最も働きがいのあるファーム』の一社に選んでいただき、大変光栄です。この栄誉はまた、当社があらゆる 場面と我々の行動において『顧客企業の利益を何よりも優先して考える』という姿勢を徹底してきたことの証でもあります。当社が顧客企業に提供しているサー ビス、そして顧客企業と共に達成してきた成果を誇りに思います。」

当社は「ファームリーダーシップ」部門でも極めて高い評価を得ました。 プロフェッショナル・アドバンスメント・ディレクター兼リテール&コンシューマー・プロダクツ・グループパートナーであるランディ・アンガーは、ファームの 合併の成功がこの評価に寄与したと考え、次のように述べています。

「2011年1月にKSAとイニウムが合併したとき、両社のコアバ リュー を維持しつつ共に新しいものを創造することを目指しました。以来、卓越した顧客サービスの提供に向けて、カート・サーモン全体が一丸となって企業文化を強 化することに成功してきました。それが、今回のファームリーダーシップの高評価につながったのでしょう。」

同ランキングは、主要業種にわたる約400社の、約1万3千人のコンサルタントによるアンケート結果に基づいています。カート・サーモンは過去10年間に7回、「最も働きがいのあるファーム」の一社に選ばれています。

コンサルティングマガジンURL(英語)