ニューヨーク、2012年10月1日―大手調査企業ガートナーは同社の報告書『世界のビジネス・オペレーション・コンサルティング・サービスに関するマジック・クアドラント』の中で、カート・サーモンのクライアント・サービスへの取り組みとビジョンを高く評価しています。この報告書は、コンサルティング企業10社のグローバルなビジネス・オペレーションに関するコンサルティング能力を査定したものです。

この調査の中で、カート・サーモンは「リーダー」企業の1社に選出されました。これは、市場に対する明確なビジョンを持ち、そのビジョンをクライアントの業績の持続的な改善へとつなげる能力を持つとされる企業です。しかも、カート・サーモンは「ビジョンの素晴らしさ」で第1位を獲得しました。

また、カート・サーモンはクライアント・サービス・レベルを評価するクライアント第一主義の項目でも最高得点を獲得しました。「クライアントのニーズを注視し、経営幹部同士が強固な関係を築き、極めて実践的なアプローチを取っているのが強み」と同報告書は述べています。

さらにカート・サーモンは全10社のうち、「実行能力」で第4位につけています。

カート・サーモン社長兼CEOであるシェブ・マジューブ(Chiheb Mahjoub) はこれらの高評価について、当社がクライアントへのサービスに献身的に取り組み、当社が活動する各市場で深い経験と実績を積み重ねた結果だと述べています。

「日々、私たちが貢献する各業界の専門知識をさらに深めると同時に、クライアントの皆様に目に見える成果をお届けし続けるべく努力しています」。

報告書はまた、カート・サーモンが持つ、それぞれの業界に特有の事業改革に関する幅広い専門知識についても触れています。

「クライアントはカート・サーモンについて、業界の深い専門知識を持ち、その業界の思考や商習慣に精通していると称賛している。また、コンサルティングの専門知識のみならず、同社のコンサルタントが実務家としての力強いバックグラウンドを持つことを、特に称賛すべき点として挙げている」、「複数の業務委託シナリオで戦略から実施へとシームレスに移行するカート・サーモンの能力は印象的だ」と報告書は述べています。

カート・サーモン副CEOのジョン・カロニス(John Karonis) は、どうすればクライアントが成長できるかをカート・サーモンが重視していることが、高得点に反映されていると話します。

「私たちは、私たちが活動する各業界の内情を熟知しています。だからこそ、絶えず変化する事業環境にクライアントの皆様が対応するためのお手伝いができるのです」。

 

出所:ガートナー『世界のビジネス・オペレーション・コンサルティング・サービスに関するマジック・クアドラント(Magic Quadrant for Business Operations Consulting Services, Worldwide)』ダニエル・クロース、ダナ・スティフラー、2012年9月27日

ガートナーは、同社の調査出版物に記載したいかなる業者、製品、サービスも推奨する意図はなく、最高得点を得た業者だけを選択するよう技術ユーザに助言するものではありません。ガートナーの調査出版物はガートナーの調査機関の意見によって構成されており、事実の表明と解釈すべきではありません。ガートナーはこの調査に関して、市場性の保証や特定目的への適合性を含め、明示的・暗示的にいかなる保証も致しません。