米国のコンサルティング・マガジンは、今年もカート・サーモンを「最も働きがいのあるコンサルティングファーム」として選びました。9月11日発行の2014年版「最も働きがいのあるファーム(Best Firms to Work For)」では、カート・サーモンを「企業文化とキャリア開発が特に優れている企業」として紹介しています。

 

カート・サーモンの北米代表マネージングパートナーであるマディソン・ライリーはこうコメントしています。「当社が重きを置いている協働の文化と業界の深い専門知識は、成果重視型アプローチの源泉だ。これはクライアントとの長年にわたる関係を維持するための鍵である」。また、  「今日、そして将来、成功を収める組織には、変化が発生した時に迅速にそして革新的に対応できる戦略・インフラ・人を必要としている。私たちはそれを提供しており、このランキングは私たちのチームがこのビジネスの中でベストであるということを第三者が認証したものだ」ともコメントしています。

 

この調査は、350社のファームに所属する10,000名以上のコンサルタントを対象に、クライアントエンゲージメント、ファーム文化、ファーム・リーダーシップ、キャリア開発、仕事・生活バランス、報酬・給付に関するインタビューを実施したものです。

 

コンサルティングマガジンURL(英語)